つぶやき

ネガティブなどうでもいいつぶやきしかないです。



・わたしは声でも歌でも板の上でも表現者として輝く推しが大好きで大好きでもっともっと羽ばたいていってほしいなと思う

・けれど、この好きを最近こじらせてるような気もする。まだりあことは言いたくない。めんどくさくて重たい不毛な想いをどうしたらいいかなあ

・見返りを求めて応援しているわけでは決してないんだけど、決して違うんだけど、褒められて伸びるタイプではなくて叩かれて伸びるタイプだと言われてわたしの書いてきたこと伝えてきたことって一体、と思ってしまった。ときどきオブラートに何重にも包んで注意みたいなことを言うこともあったけれど、圧倒的に褒めてしかなかった。でもそれも一方的で、当たり前だけれど返ってきたことはない(というかリターンを期待してすらない)。リターンを期待してすらないけれど、でも先にそういう言葉を聞いてしまって、わたしの応援って推しにとってどうなんだろうって考えてしまった。
ほんとうに面倒くさいおたくだなあ。

推しは向上心があって努力家で、他人にすごく優しい代わりに自分に厳しくて、有言実行も無言実行もする素敵な人ですよ。
ただわたしがクソみたいに面倒くさいこじらせオタクなだけです。


最近アクセス数がめっちゃ増えててびっくりしてます。こんなブログを見てくださってありがとうございます。わたしもいろいろ読ませていただいてはいるのですが、ひよって読者登録とかスターとか付けられていなくてすみません
もし推しやわたしのことを察した方がいたらそっとしておいてください。同担がもしこのブログを読んでいたら本当に申し訳なさすぎる、忘れてください。

広告を非表示にする

眠れないからひさびさに書いてみようと思います。


今の推しを追い始めてまだ1年とちょっと、(おそらく)認知されてから半年くらい?
まだまだドドドドド新規なおたくだけど、このあいだにほんっとうにいろんなことがあった。こないだは一切アピってなかったのに誕生日バレてて祝ってもらった。

今までも何人か追っかけてきたけれど、ひとりはファンの母体数も多いし一般への認知度も高い方だったしおたくひとりひとりへのアクションなんて全然ないひとだった。もうひとりは若手だったけれど、TOへの構い方がすごいひとで他のおたくなんて相手にされなかった。から、いまのこの状況がわたしにとって新しいことだらけで、正直嬉しさに混じって困惑さえある。

現場にいくたびなにかあるのではないかって期待してしまって、期待したほどでもないと勝手に落ち込んで。「ある」ことが前提になってしまっているのがしんどい。むかしは、ないことのほうが当たり前だったのに、その感覚はとうに薄れてしまったみたい。自分がほんとうに欲深い人間なんだなと実感した。

たぶんだけど、ツイッターも見られてるみたいで、一時期何故か私信がよく飛んでくることがあった。
本人は私信の意図はおそらくなくて、ただ反応してただけみたいだけれど、他にそういうのを受けているおたくはわたしの分かる範囲ではいなかった。

もちろんめちゃくちゃ嬉しくて、同時に窮屈でもあった。見られてることが前提にあるから、前よりも思うようにつぶやけなくなってしまった。推しがわたしのアカウントを覗くのは推しの勝手だし、自己責任、なのはわかっている。でも嫌われたくない意識がどうにもあるようだ。応援したいけれど嫌われたくない。応援している過程でいつの間にか覚えられてしまったけれど、自分を忘れてほしいわけではない。むしろ推しの意識の中にわたしという存在がいることが嬉しいんだから救えない。
ていうかなんでツイッター関連でこんなに悩んでいるんだろう?いや、いろいろあったのはツイッター上だけではないんだけど。どうしたらいいんだろう。
信頼してもらえているのか、はたまた新規への営業なのか、意図がわからなくて怖い。し、いつかそれがなくなるのかと思うと怖い。
一方的に応援するただのファンのつもりだったのに、レスポンスを期待して、推しにどう思われているか気にして、推しと対等になりたいという気持ちを持ってしまっている自分がいて、怖い。最近手紙ですら書くのがしんどくなってきている。




ちなみに、いろいろあって判明したのだが、プロフクリックしていたのは同担だったみたいです。推しはいまだにプロフクリックなのかリストで見てるのかわからない。

一喜一憂したくない

ひさしぶりに推しに関して心が曇ったからはてブロを開きました。気づいたらもう4月。



推しの言葉とか行動に一喜一憂させられていて、この調子では心の平穏が保たれない。てかほんとに私信ってものはおたくにとってよくないものだと思うから全面的に廃止してほしい(?)。見えてないと思ってるのかな?わたしに対しての私信もいらないから他のおたくへの私信も頼むからやめてほしい…しんどい…

でも今回のは(わりとよくあるけど)いつものおたくが写真ください!ってリプしたから載せてるのでまだましでした。求められたら無視できないしね!って思うことにした。というか、そういうとき以外はあんまり私信とばさない人ではある…かもしれない。そう考えたら少しだけ気が楽になります。まあ、他のおたくにわからないような私信だったら全然いい。わかってしまうのがつらい。
でもほんとにそういうときの自分の思考が惨めで醜くて泣けてくる。こんなんで推しかぶりと仲良くできるわけないよね……。


わたしのリプライほぼまんまな文面で翌日にツイートされたときには沸いたけど、それが私信なのかはわからない。ときどき人の言葉に影響されやすいなあと思うことがあるので、とくに意味もなくおんなじような言葉を使っただけかもしれない。推しからの私信???と思えるものはこの1年でたくさんあったけど、どれもが確信できるほどのものではないからわたしは今回みたいな案件にすごくもやもやしてしまうんだと思う。

まず自衛しろって話ですよね!しってる!



話は変わるけど、最近ツイートアクティビティが怖い。自意識過剰に生きてるので見えない存在に見られていることに恐怖しています。
鍵なしアカウントは全世界に発信してるのと同じなんだから知らない人に見られるのは仕方ないとは思っています。エゴサパブサに引っかかるのも仕方ない。検索避けしたいときはなるべく避けるようにしてるし、逆に引っかからせたいときはあえてしっかりツイートしている。けど、やっぱりツイアクは気にしてしまうよね。とくにリプのツイアクはね…。

わたしはよく、推しに新規リプという形でリプライをおくる。そうすれば、ツイートのリプ欄に表示されないのでおたくからのプロフクリックなりなんなりをある程度は回避できる(はず)だからです。
でも、それでもプロフクリックされることがある。最近はリプするたびにほぼ毎回である。なぜ。
おたくがリプ検索してたり、フォロワーが間違えてプロフクリックしてしまったとかいう可能性がもしかしたら微レ存かもしれないけども、9割くらいは推しだよね?!現場後とかだと感想見たくてホーム見てるのかなと思うんですが、そうでもないときまで見られてるのが怖い。。最新のリプライのプロフクリック数が毎日1ずつ増えるんだけど、毎日推しにツイートチェックされてるんでしょうか…。
今日なんて、先述した他のおたくへの私信ツイートに萎えてリプもリツイートもいいねもせず完全スルー、もうひとつのツイートだけをリツイートして終わったら(我ながら幼稚すぎる)、そのあとにプロフクリック数増えてて笑った。わかりやすい。


前にも、とある現場での推しの服装が好みすぎて、「◯◯な服が似合う人はさいこう!」みたいなことをつぶやいたあとにリプをしたら、案の定プロフクリックされた。そして、推しが2週間後の現場でおんなじような格好をしてきたときは沸いたなあ…。たまたまかもしれないけど!頭はっぴーでいないと心がしんどいからゆるしてください。
まあこういう(ツイート見られてる…?)みたいなことはよくありますが、確信できる私信なんてなにもない。から、余計に確実な私信見ちゃうとめちゃめちゃ萎えるんだろうな~。
推しが教えてくれた、きっと恐らくわたしだけが知ってる推しの今後の目標にずーっと縛られ続けているけど、そろそろわたしは新しいなにかが欲しいらしい。欲深いおたくになってしまいました。


そろそろお手紙を書いておくりたい。書きたいこと伝えたいことが山ほどある。このまま4月は現場なしだったらそれはそれでさみしいな。推しの目標がいつか叶いますように。

声優おたくの応援スタンス

はじめまして。
ブログを書くのは黒歴史を量産していた中学生以来なので、かなりどきどきしています。

わたしは声優おたくとなってもう10年くらいのくそおたくです。推し変(というのか…?)を二度ほどして、いまの推しに落ち着きました。
前まではわりと有名な、というかファンの母体数がめちゃめちゃ多いひとを応援していたのですが、若手声優と呼ばれる世代のひとを好きになってから、今までなかったあれやこれやにてんやわんやしています。

考え過ぎるのが短所とよく友達に言われるほど、考え過ぎるおたくなので(笑)、病み案件だったりとかを吐き出して整理する場にしようかなあと思っています。


今回は、
akipero36.hatenablog.jp
ayutkhs16.hatenablog.com
xtmgkkghnx.hatenablog.com


こちらのブログを拝見していておもしろそうだったので、わたしも自分のスタンスについて書いてみようと思います。

俳優おたくさんの応援スタンスなども拝見しているのですが、みなさんいろんな応援の形があって、すっごくすてきだなぁと…人の数だけ価値観はあるんだなと感じさせられますね。


基本情報

・20代
・学生
・上京組

ここ1年くらいアニメ観るのをさぼってます。ほんとうにクソ声豚ってかんじ。
今の推しさんを推し始めてちょうど1年くらい経ったところのドドドドドド新規です。
推しのいる現場じゃなくとも、行きたいなと思った現場には足を運ぶタイプです

推しについて

・若手男性声優
…と呼ばれる範囲にいるひとだと思います
20代の方です。

好きになる基準

基準というよりは、今の推しさんを好きになったきっかけを書きますね。笑

お芝居
声ももちろん大好きなのですが、推しさんに関してはまずお芝居がめちゃめちゃ好きです。
初めて推しさんの現場に参加しお芝居を聴いたときに、雷が落ちたような、それか下からアッパーを喰らったような、そんな衝撃を受けました。

演技を聴くたびに、ご本人が「芝居がうまくなりたい!」と仰っていたように、まだまだこれからぐんぐん伸びていくのだろうな、と思わされます。


わたしは演技に対してど素人なので、そんな偉そうなことも言えないのですが…元推しが言っていた「芝居はうまいか下手かじゃなく、好きか嫌いかだと思います」という言葉にすごく共感しまして。
推しさんの演技は、わたしはとっても好きで、しかも本人がこれで妥協していないのだからまだまだ伸びていくんだろうなあと感じています。


推しさんは歌がもうそれはほんとうに上手です。
伸びやかで、優しさもあり甘さもあり爽やかさも含んだ(長い笑)、それでいて切なさを感じさせるような脳に沁みていく歌声をしています。
が、キャラクターとして歌うとまた全然違うんですよね。表現者だなあ…と思わされます。
もっともっと、推しさんの歌をたくさんの人に知ってほしい…!!!

お人柄
好きになった決め手はお人柄でした。
衝撃を受けたお芝居を聴いた数日後、わたしは勢いで推しさんの個人イベントへ参加していました。
初現場でも感じていましたが、距離がめちゃめちゃ近いそのイベントで、なんて謙虚な方なんだろうと思い、もっともっとこの人を知りたいなって思ったのが決め手だったかなと思います。

ちなみに元推しは2人いるのですが、どちらも声とお芝居が好きで応援していました。

雑誌を買う基準

推しが載っていたら買います。が、ボイスニュータイプさんは載っていなくともふらっと買ったりしています。お写真が毎回いいんですよね…。

円盤を買う基準

アニメ作品:好きな作品だけ買います。
CD、ライブ映像等:推しが出ているもの、もう一度観たいと思ったもの、推しが出ていなくても「おもしろそうだな」と思うもの
なるべく出演作にお金を落としていきたいですね。

現場に行く基準

推しが出演する現場にはなんとしてでも行きます。(笑)
最近は2週間前告知もザラではないので、なるべく土日はあけてシフトを入れたりしていますが、このあいだうっかりシフトをいれた土曜日に突然イベントが入った時には職場の人に頼み込んで代わってもらいました。その節はありがとうございました。

グッズや写真の購入基準

グッズ:推し本人が写っているものであれば購入。イラスト化されているものはそのときのお財布状況によって…という感じです。グッズにお金を落とすのも貢献のひとつだとは思うのですが、本人じゃなければ買う欲が出なくて…ごめんなさい。
写真:ブロマイドなどは買えるだけ買いたいです。まだ出てない。

プレゼント、手紙について

手紙はイベントがあったときにはなるべく出します。し、書きたくなったら事務所に郵送もします。
基本的にひとつのものごとについて長々と感想を書いてしまう人間なので、便箋が5枚以上になることもよくあります。
プレゼントはさすがに値段が張るものはあげたことないですが、ハンカチとか靴下とか消耗品をときどき差し入れしています。わたしの知ってる限りだと、声オタのプレゼントでで印象に残っているのは電子レンジ、土鍋、タクチケとかそのへんです

あと、楽屋花はよく出します。理由は、単に「お花が好きだから」と「お祝いしたいから」というエゴです。フラスタに手を出したことがないのはなぜかというと、単に「お金がないから」と「他のおたくに見られたくないから」です。(笑)
スッカスカのフラスタとかがあまり好きではないんですよ。出している人をけなしているわけではなく、個人的な好みとして。気分を悪くされた方がいたらすみません。ある程度の金額じゃないとお花がスッカスカだったりバルーンで補ってたりする印象が強くて、実際お花屋さんからもそこそこ出さないとボリュームのあるフラスタは出せないよといわれたりもしたので…
それだったら、1万~2万あればボリュームのあるものになる楽屋花のほうがいいかなと思っているので、いつも楽屋花です。このあいだ出したときは手紙を載せてみました。推しさんはいつも手紙やプレ・楽屋花などについて言及しない方なので受け取っていただけたかは不明ですが、共演者の方のお写真にわたしの贈った花が写り込んでいて、そのお写真の花には手紙がなかったのでおそらく誰かの手元には渡っていると思われます(笑)

普段の行動

リプライ兼雑多につぶやく用のアカウントからときどきリプライをしています。
いつもは鍵アカでひっそりです。

推し被りについて

存在はしていてもいいけど、きっと話が噛み合うことがないので関わらないようにしています
気を遣わせてしまったり、こちらも気を遣うことがあるかなというのもあります…座席とか、行ってないイベントの話とか、わたしがすごくもやもやしてしまうタイプの面倒くさいおたくなので、なるべく距離を置きたいです。本当はお友達がほしいんですけどね。わたしの中の古参への劣等感をなくさないことにはどうにもならないです


というわけで、このようなスタンスでいつも生きています。推し被り問題はおたくの永遠のテーマですよね…。こちらについてもいつか書きたいなあとは思っています。
推しさんからは名前と顔とツイッターと全部認知されているのでツイッターでは当たり障りないことしかつぶやけないです。推して1年程なのに!はやい!こわい!認知についても別記事で書きたいですね。